ブログを引越します ~Seesaaブログへ~

長年にわたって使用してきたこの「ウェブリブログ」が、来年1月31日をもってサービスを終了することになりましたので、新たなブログを立ち上げ、引越しすることになりました。

新しいブログは、下記になります。

■新ブログ(Seesaaブログ)こちらをクリック

このブログをブックマークしていただいていた方には、お手数をお掛けしますが変更をお願いします。

しばらくの間は、このブログもそのまま残しておく予定ですが、新たな投稿は行いません。

新しいブログでも活動報告や市政情報を発信していきますので、引き続きよろしくお願いします。

くずはモールでマイナンバーカードの申請ができます(本日まで)

本日までマイナンバーカードの申請受付を、くずはモールで行っています。

kuzuha.jpg
昨年12月定例月議会の一般質問で、休日や身近な場所で申請できる機会を増やすとことが、マイナンバーカードの普及につながるとのことから、大型商業施設など多くの方が訪れる場所に出張申請会場を開設するよう提案をしていました。

kajiya_b4bira_u_220228-01.jpg
■令和3年12月定例月議会一般質問 ⇒ こちらをクリック

申請会場は、本館ハナノモール3階特設会場で、開設時間は午前10時~午後4時40分です。

当日のみ、申請用の顔写真は無料で撮影ができます。

申請には予約が必要ですので、下記コールセンターへお電話いただくか、予約サイトからご予約ください。

■コールセンター⇒ 050-3161-6018

■予約サイト⇒ こちらをクリック

申請の際は、以下のものをお持ちください。

(1)通知カード(要返納)または個人番号通知書
お持ちでない方はA欄から1点B欄から1点またはA欄から2点をお持ちください。
※B欄のみの方は交付時に再度来庁していただきます

(2)住民基本台帳カード(要返納)
お持ちの方のみご持参ください。

(3)本人確認書類(A欄から1点またはB欄から2点 ※うち1点は必ず公的機関が発行したもの)

motimonooo.jpg

東日本復興支援チャリティコンサート&学校園への出張コンサート

東日本大震災の津波の流木から生まれた「TSUNAMIヴァイオリン」による「第3回東日本復興支援チャリティコンサート」を、4月17日、枚方市総合文化芸術センター大ホールで開催しました。

LINE_ALBUM_20220417_220418_6.jpg
このコンサートには、心臓部である「魂柱」に、奇跡の一本松の幹の一部が使われている「TSUNAMIヴァイオリン」の音色を多くの方に聞いていただくことで、被災地との絆を深めるとともに、命の尊さを噛みしめ、震災の記憶を風化させず世代を超えて語り継いでいくことを目的に開催しているもので、私も第1回から引き続き実行委員として参画し、企画・運営に携わらせていただいています。

過去2回のコンサートでは、岩手県陸前高田市の「高田松原再生基金」や熊本県西原村などの被災地に寄附を行ってきました。

第3回となる今回のコンサートは、枚方ゆかりのヴァイオリニストの中井楓梨さんとピアニストの中井由貴子さん親子による「TSUNAMIヴァイオリンの」演奏をはじめ、岩手県の釜石小学校元校長の紺野仁司さんによる防災教育についての講演、2024年パリ五輪正式競技「ブレイクダンス」のプロモーション、今年4月に開校した禁野小学校の校歌披露、枚方市民メサイア合唱団、枚方市少年少女合唱団、男性ヴォーカルユニット「ワイルドローバーズ」の合唱など、盛りだくさんの内容でした。

LINE_ALBUM_20220417_220418_18.jpg
LINE_ALBUM_20220417_220418_13.jpg
LINE_ALBUM_20220417_220418_12.jpg
来場いただいた皆様から「感動した」「楽しかった」とのお声をいただき、少しずつではありますが、復興支援や防災意識の向上につながっていることをうれしく思います。

コンサートの収益については、決算を行った後、収益を被災地の陸前高田市に寄附をするとともに、会場ロビーに設置したウクライナの人道支援のための募金箱にいただいた浄財については、国連のUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄附をさせていただきます。

278815542_7246722802069250_8683075563317915035_n.jpg
今回、ご来場いただきました皆様をはじめ、協賛、共催、後援をいただいた個人や団体の皆様、スタッフとしてお手伝いいただいた皆様には感謝を申し上げます。

また、チャリティコンサートに引き続き、5日間にわたって、枚方市、交野市の幼稚園、こども園、小学校、中学校で、「TSUNAMIヴァイオリン」による、アウトリーチ(出張)型の演奏会を開催しました。

A713D39B-1165-4701-92DE-F66FC69A083F.jpeg
このアウトリーチ事業は、枚方市、交野市の子どもたちに、「TSUNAMIヴァイオリン」の音色を聞いていただくことで、お亡くなりになられた方々への祈りを捧げると同時に、大震災の教訓を風化させることなく、地震への備えと助け合いの心を受け継いでいってもらえればとの思いで実施しました。

私も昨年の12定例月議会の一般質問で、家庭の経済的環境に影響されることなく、すべての子どもが文化芸術に触れる機会を積極的につくっていく必要があるとの考えから、総合文化芸術センターを拠点として学校園へのアウトリーチも含めて社会包摂的な事業を充実させていくよう要望していました。

■令和3年12月定例月議会一般質問 ⇒ こちらをクリック

市も今年度、学校へのアウトリーチをはじめワークショップの開催など、社会包摂事業を順次開催していく予定ですが、行政だけでなく私たち市民でもできることからやっていきたいと考えています。

今回のアウトリーチコンサートのような子どもたちが文化芸術に触れる機会を積極的につくっていくとともに、防災意識の向上や被災地との絆を深めるための活動に今後も取り組んでいきます。

■アウトリーチコンサート開催学校園
<枚方市>
1日目:蹉跎中学校、伊加賀小学校
2日目:枚方幼稚園、田口山幼稚園、招堤中学校
3日目:香陽小学校、津田小学校

<交野市>
1日目:私市小学校、星田小学校、藤が尾小学校
2日目:わかばこども園、倉治小学校

枚方市域における道路整備事業等について

昨日、大阪府枚方土木事務所から、枚方市域における今年度の主要事業についての説明を受け、意見交換を行いました。

278501709_1100715010786501_2130139303078457476_n.jpg
今回、中司宏衆議院議員が説明を受ける場に、私たち大阪維新の会市議団も同席させていただきました。

中司議員が府議会議員時代からこれまで取り組んできた事業を中心に、牧野高槻線(淀川渡河橋)の整備やそれに伴う京都守口線の拡幅や、枚方高槻線(牧野本町1丁目~牧野阪2丁目区間)の歩道整備などの安全対策、新名神高速道路へのアクセス道路となる内里高野道線の拡幅、招堤交差点、招堤口交差点の交差点改良などについて、資料をもとに進捗状況等の説明を受けました。

意見交換の中では、新名神高速道路の供用開始が遅れることに対する内里高野道線への影響や、枚方高槻線の具体的なスケジュールなどについて確認しました。

枚方市の都市基盤整備が進み、交通混雑の緩和や安全対策の強化につながるよう、今後も、維新の会の国・府・市の議員が連携して取り組んでいきます。

277905520_1151714219009240_1820986472117823816_n.jpg

「ため池のさらなる安全対策を求める緊急要望書」を提出

本日、日本維新の会大阪府枚方市支部と大阪維新の会枚方市議会議員団と共同で「ため池のさらなる安全対策を求める緊急要望書」を、枚方市の伏見隆市長(枚方市支部顧問)に提出し、意見交換を行いました。

278544056_1768881493309227_9036790294062261739_n.jpg
278244325_2155441311273655_2214752707109220697_n.jpg
先週、枚方市内で農業用ため池のフェンスを乗り越え遊んでいた子どもが転落し、助けようと池に入った男児が溺れ、重体となる事故が起こりました。

枚方市内においても面積600㎡以上の比較的大きなため池が約50か所、小さなため池も含めると百数十か所あると言われており、住宅街に近接しているため池も多く存在することから、事故の危険性が高く、安全対策が重要な課題となっています。

これから夏場に掛けての季節、ため池での水難事故が増加する傾向にあることから、今回の事故を受け、市民から対策を急ぐべきとの声が私たちのもとにも届いています。

今後、事故を防止する観点から、市をはじめ、ため池を整備する関係者や管理者、所有者が、安全管理に対する意識を高めるとともに、相互に連携してより効果的な安全対策を講じていく必要があることから、市に対して下記3項目の要望を行いました。

1.「枚方市ため池管理マニュアル」(令和3年3月)は、日常の維持管理や点検、非常時対応について水防の観点から作成をされているが、転落及び水難事故防止などの安全面の観点も盛り込み、チェックシートの項目等にも反映させること。

2. 「枚方市土地改良事業等補助金」は、ため池等整備事業における「安全柵の新設又は改修」に対し補助金が交付されることになっているが、農林水産省の「ため池の安全対策事例集」(平成25年5月)に掲載されている救助用ロープや浮輪、安全ネット等の設置に対しても補助金が交付できるようにすること。

3.水難事故を防ぐため、学校におけるソフト対策として、ため池の役割や仕組み、歴史などの理解を深めるとともに、現場の見学などを通して、ため池の危険性について学ぶ仕組みを、地域や関係団体と連携して構築すること。

無題1.jpg
市との意見交換の中で、上記要望項目の他に、学校の水泳授業の中での安全教育の重要性や、今回事故のあった児童の当該校における心のケアなどについて市に提言を行いました。

伏見市長からは、要望項目についてしっかりと検討する中で、ため池の安全対策の強化を図っていくとの話がありました。

278476872_498954585296045_6310676876854615724_n.jpg
維新の会枚方市支部、枚方市議団においては、市民の皆様の安心・安全のために、引き続き迅速な行政課題の解決に努めていきます。

第665回駅前報告

午前6時25分~8時30分 京阪・牧野駅 東口北側 「かじや知宏 議員報告」地域配布版第32号(通算第150号)を配布しました。

第664回駅前報告

午前6時25分~8時40分 京阪・牧野駅 東口南側 「かじや知宏 議員報告」地域配布版第32号(通算第150号)を配布しました。

「公民連携の推進について」の報告がまとまりました

今年度、私が委員長を務める総務常任委員会では「公民連携の推進について」をテーマに所管事務調査を実施し、その活動内容を報告書としてまとめました。

■総務常任委員会活動報告書⇒ こちらをクリック

所管事務調査とは、委員会の担当する分野の市政課題に対して、自主的にテーマを設定して調査研究を行うものです。

委員会では、枚方市の公民連携の現状や課題を委員間で共有し、理解や認識を深めることを目的に、市の担当部局から枚方市の取組状況等について説明を聴取したのをはじめ、吉澤市長政策官(旧・公民連携プロデューサー)から「持続可能な自治体経営のための公民連携について」の説明を受けるとともに、内閣府が推進する「SDGs未来都市」の選定を受けている富田林市の事例についてオンラインを活用して調査・研究等を実施しました。

IMG_3719.JPG
調査の最後に、枚方市における公民連携の今後の取組について、今が到達点ではなく、この先さらに広がりや深まりを見せる可能性があるとの認識に立ち、これまでの協議内容も踏まえながら、委員間で意見交換を行い、各委員から出された意見等を以下の項目に分類し、報告書にまとめるとともに、所管部署等に提供しました。

1.「公民連携プラットフォーム」について
2.公民連携の活用に係る、市職員の意識や組織の風土について
(1)市職員の意識に関すること
(2)組織としての基準や体系等に関すること
(3)公民連携の考え方に関すること
(4)民間とのギャップ、相違点等に関すること
3.その他、公民連携の推進に関する取組等について

公民連携とは、複雑多様化する社会課題に対し、公と民が連携してそれぞれの強みを生かすことで、課題の解決と新たな価値の創造につなげていくためのものです。

外面左(イラスト①).jpg
外面左)イラスト②.jpg
162860538876051065190.jpg
今回、提言した内容が、自治体経営の有効な手段のひとつとして、枚方市の公民連携の推進に活かされるよう、今後も議会で提言を続けていきます。

今回、副委員長をはじめ委員の皆さんや市議会事務局の職員の皆さん、市の担当職員の皆さんをはじめ多くの皆様のご協力のおかげで、無事に所管事務調査を終え、報告書を作成することができました。皆様に深く感謝申し上げます。

無題.jpg
無題1.jpg
無題2.jpg
無題3.jpg
無題4.jpg

3月定例月議会最終日

2月25日に開会した3月定例月議会が、本日の本会議をもって閉会しました。

S__80240651.jpg
本日の本会議では、予算特別委員会に付託されていた令和4年度一般会計他、6特別会計、3企業会計の予算案をはじめ、新型コロナウイルス感染症対策経費を含む令和3年度補正予算案、令和4年度補正予算、市長等の給与に関する特別措置条例の制定、財産(東部清掃工場事業用地)の取得、市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正、請願、意見書、教育長の任命同意などの人事案件についてなどについて審議しました(議決結果については下記画像の「議決結果一覧」をご覧ください)。

無題.jpg
無題1.jpg
私は、予算特別委員長として令和4年度予算案の委員会審査の概要についてと、総務常任委員長として「枚方市の各機関における行政書士制度への理解並びに行政書士法遵守の徹底に関する請願」の委員会審査の概要についての2件の委員長報告をさせていただきました(下記画像参照)。

Point Blur_20220329_204650.jpg
Point Blur_20220329_205403.jpg
無題3.jpg
無題2.jpg
令和4年度予算案については、一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計の3会計は賛成多数で、その他の4特別会計及び3企業会計は全会一致で原案可決されました。

また、請願については、全会一致で採択されました。今後、採択された請願の内容が実現するよう、継続してチェックしていきたいと思います。

意見書については「保育・教育現場の性犯罪をゼロにするため早期に『日本版DBS』創設を求める意見書」をはじめ、3件が可決されました。

無題4.jpg
内容の濃かった3月定例月議会は閉会しましたが、明後日には緊急議会の開催が予定されています。

年度末から新年度にかけて、慌ただしい日々が続きますが、新型コロナウイルス対策をはじめ様々な市政課題について、これからも多くの皆さんのご意見をお聞きしながら、課題解決と政策の実現に努めていきます。

予算特別委員会での審査が終わる

令和4年度予算案を審査する予算特別委員会が、3月15日、17日、22日、23日、25日の5日間にわたって開催され、昨日の最終日に採決があり、一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計の3会計は賛成多数で、その他の7会計は全会一致で、原案可決すべきものとなりました。

Point Blur_20220326_073610.jpg
Point Blur_20220326_091153.jpg
私は今回、委員長として委員会運営に携わらせていただきましたが、委員の皆さんや議会事務局の職員の皆さん、市の理事者の皆さんのご協力のおかげで、無事に5日間の予算審査を終えることができました。皆様に深く感謝申し上げます。

今回の委員会で、各委員の皆さんから予算に関する様々な意見や提言が出されましたが、それらが今後の市政運営に反映されるよう、これからもしっかりとチェックしていきたいと思います。

タイトルなし_edited.jpg
3月定例月議会も、29日でいよいよ最終日を迎えます。

最終日の主な案件は、新型コロナウイルス感染症対策経費を含む令和3年度補正予算案をはじめ、令和4年度補正予算、市長等の給与に関する特別措置条例の制定、財産(東部清掃工場事業用地)の取得、市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正、意見書、教育長の任命同意などの人事案件についてなどです。

私は、総務常任委員会で審査した「枚方市の各機関における行政書士制度への理解並びに行政書士法遵守の徹底に関する請願」の結果と、予算特別委員会での審査の結果について、それぞれの委員長として報告を行う予定です。

予算特別委員会での審査がはじまる

枚方市の令和4年度の予算案を審査する予算特別委員会が、15日からはじまりました。

Point Blur_20220316_195152.jpg
タイトルなし_edited.jpg
まず、一般会計の総務、教育子育て常任委員会所管分野について、15日、17日の2日間にわたって、12人の委員が質疑を行いました。

大阪維新の会枚方市議会議員団からは、妹尾議員、泉議員、門川議員の3人が質疑に立ちました。

来週の22日、23日は、市民福祉、建設環境常任委員会の所管分野、25日には特別・企業会計についての質疑が行われます。

最終日の25日には、採決が行われる予定です。

274889549_7022010221207177_155092923064631212_n.jpg
274856572_7022010587873807_7322059825026366049_n.jpg
私は、委員長として委員会運営や議事の進行が主な役割となりますので、質疑の機会はありませんが、残りの3日間、緊張感を持って委員会に臨んでいきます。

議員報告

「かじや知宏 議員報告」(通算150号)を発行しました。

kajiya_b4bira_s_220228-01.jpg
kajiya_b4bira_u_220228-01.jpg
内容は、大阪維新の会枚方市議会議員団の新型コロナ対策をはじめ、この1年間の市議会の動きや、私の議会質問のダイジェストを掲載しています。

本日の朝刊に折り込みをしておりますので(市内一部地域)、ぜひご覧ください。

今後、一部の地域では、各ご家庭にポスティングをさせていただく予定ですので、今しばらくお待ちください。

ご覧頂き、紙面の内容及び枚方市政に関するご意見、ご感想、ご相談などががございましたら、お気軽にご連絡ください。

さて、本日は維新の会の本部街宣車に乗車し、枚方市内を街宣しました。

S__116326411.jpg
天気も良く、気候も温暖だったこともあり、多くの方が外出されており、あちこちでお手振りやお声掛けをいただきました。

ありがとうございます。

「行政書士制度への理解並びに行政書士法遵守の徹底に関する請願」を審査

本日、私が委員長を務めている総務常任委員会に付託されていた、大阪府行政書士会提出の「枚方市の各機関における行政書士制度への理解並びに行政書士法遵守の徹底に関する請願」について、総務常任委員会を開催し、審査しました。

IMG_4529.JPG
この請願は、枚方市の各機関において、行政書士制度への理解を深め、行政書士法の遵守が徹底されるように、違法な書類作成・提出行為の排除に関する指導強化を徹底すること、また、申請の電子化の際にも同趣旨を踏まえてシステムを構築することを求めるもので、主に以下の4つの項目について要望されています。

1.大阪府行政書士会から行政書士制度の啓発ポスター及びプレートの提示について依頼があった場合に協力すること。

2.許認可の申請様式がダウンロードできる枚方市のホームページ等において「行政書士でない者が他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類を作成することを業とすることは行政書士法違反となる」旨の注意喚起文を記載すること。

3.申請書類の表紙等に書類作成に係る代理人行政書士の記名押印欄を設けること。

4.申請を電子化するシステム構築の際、行政書士法遵守について考慮すること。

275543021_7068999229841609_5253384863019951060_n.jpg
行政書士法は、行政書士または行政書士法人でない者は、他人の依頼を受け、報酬を得て官公署に提出する書類を作成することができないと定めていますが、各種許認可・免許・登録等の申請または届出等に際し、資格を有しない、いわゆる非行政書士が申請書類を作成し、手続を行っているケースが頻発しているとのことです。

このような行為は、関係法令の不知や虚偽記載を伴う可能性が高いため、窓口事務に負担や混乱が生じ、行政、国民双方の不利益となることから、市の窓口においても、違法な書類作成・提出行為を排除し、行政書士法をはじめとする各種関係法令が遵守され手続きがなされるよう、周知啓発や注意喚起などの取り組みを行っていく必要があります。

本日の委員会では、請願者である大阪府行政書士会の方や、市の理事者に対する委員からの質疑がなされた後、採決の結果、全会一致で「採択すべきもの」となりました。

この請願の採択の可否については、この後、3月29日の3月定例月議会最終日の本会議において、採決が行われる予定です。

Point Blur_20220310_115434.jpg

3月定例月議会はじまる ~ロシアによるウクライナ侵略を非難する決議など~

枚方市議会の3月定例月議会は、4日、7日の2日間、市長の来年度市政運営方針に対する各会派からの代表質問が行われ、私たち大阪維新の会枚方市議会議員団からは、木村亮太議員が会派を代表して質問に立ちました(質問項目については下記画像参照)。

無題5.jpg
無題6.jpg
また、8日の本会議では、事故による損害賠償などの専決事項の報告を聴取したのに続き、小中学校の体育館空調設備整備DBO事業者選定審査会を設置するための「附属機関条例の一部改正について」をはじめ、「」市立渚西保育所を廃止するための「児童福祉施設等条例の一部改正について」、国民健康保険料の賦課割合の変更などのための「国民健康保険条例の一部改正について」、寄附に係る贈与契約を当事者双方の合意に基づき解約する「和解について」等、市提出議案20件について、賛成多数で可決しました(議決結果は下記画像「議決結果一覧」を参照)。

無題.jpg
無題1.jpg
また、議員提出議案の「市議会委員会条例の一部改正について」など2件についても可決しました。

これにより、議員がコロナ下で濃厚接触者等になった場合や、地震等の大規模災害で市役所に登庁できない場合、また育児や介護等を含め、市議会の常任・特別委員会等への参集が困難な場合について、オンラインでの出席が可能となりました。

無題4.jpg
さらに、ロシアによるウクライナへの侵略に対する非難の決議をについても全会一致で可決しました。

この決議は「非核平和都市」を宣言している枚方市の議会として、ロシアによる国際法上決して許されない軍事行動や、核兵器大国であることを誇示し、その使用を示唆し威嚇するなどの暴挙を厳しく非難するとともに、対話による平和的解決を希求するものです(下記画像参照)。

無題2.jpg
大阪府行政書士会から提出されていた「枚方市の各機関における行政書士制度への理解並びに行政書士法遵守の徹底に関する請願」(下記画像参照)については、総務常任委員会に付託され、3月10日に審査されることになりました。

無題3.jpg
DSC_0405_edited.jpg
明日は総務常任委員会での請願審査、来週の15日からは予算特別委員会での予算審査がはじまります。

どちらの委員会も、私は委員長を務めているため、委員会の議事進行や運営が主な役割となりますので質疑の機会はありませんが、委員会が円滑に運営できるよう、しっかりと役割を果たしていきたいと思います。

第3回東日本復興支援チャリティコンサートを開催します

「東日本復興支援チャリティコンサート」を、4月17日(日)、枚方市総合文化芸術センター関西医大大ホールで開催します。

フェイスブックロゴ.jpg
このコンサートは、東北の被災地の木材で製作したヴァイオリンを演奏することを通して、被災地の復興を支援し、震災の教訓を風化させずに世代を超えて語り継いでいくことを目的に開催するもので、平成29年7月に第2回を開催して以来、約5年ぶり3回目の開催となります。

私もこの趣旨に賛同し、第1回から実行委員会に参画し、活動をさせていただいています。

今回は、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の木片を魂柱として用いた「津波ヴァイオリン」の演奏をはじめ、岩手県の釜石小学校元校長の紺野仁司さんによる防災教育についての講演や、枚方市・交野市の児童・生徒による合唱、パリ五輪正式競技「ブレイクダンス」のプロモーションなど、盛りだくさんの内容となっています。

チケットは、前売り1500円(当日2000円)で、売上等による収益は被災地復興のための寄付金として活用させていただきます。

私もチケットを預かっていますので、ご購入を希望される方は、お声掛けください。

鎮魂、復興支援、そしてさらなる「絆」が生まれることを願い、一人でも多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。


******
第3回 東日本復興支援チャリティコンサート
~千の音色でつなぐ絆 ヴァイオリンコンサート~

【日時】
令和4年4月17日(日)
開演:午後1時(開場:午後12時10分)

【会場】
枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
(大阪府枚方市新町2-1-60、京阪本線 枚方市駅 北口下車 徒歩5分)

【プログラム】(予定)
午後12時10分:開場
午後12時45分:絵本「松の子ピノ ~音になった命~」紹介
午後1時   :開演(黙とう、主催者・来賓あいさつ)
<第1部>
午後1時10分 :基調講演「防災教育の重要性」(講師:釜石小学校元校長の紺野仁司)
午後1時40分 :取り組み発表(枚方市危機管理室、枚方市立第三中学校)
午後2時10分 :休憩
<第2部>
午後2時25分 :ダンスチーム「MYSTER」によるパリ五輪正式競技「ブレイクダンス」のプロモーション
午後2時45分 :枚方市民メサイヤ合唱団による「ハレルヤ」コーラス、枚方市立禁野小学校児童による校歌披露、交野市立第4中学校合唱部による合唱 、枚方市少年少女合唱団による合唱
午後3時10分 :震災ヴァイオリンコンサート(ヴァイオリン:中井楓梨、ピアノ:中井由貴子)
午後3時35分 :出演者全員による「花は咲く」の合唱
午後3時45分 :終演

【チケット料金】
1500円(当日2000円)
※就学前児は無料(保護者と別に席を使用される場合はチケットが必要です。なお、公演中に他のお客様のご迷惑となると判断いたしました時は、一時退出のご協力をお願いする場合があります)
※手話通訳あり

【主催】
東日本復興支援チャリティコンサート実行委員会

【共催】
枚方市総合文化芸術センター指定管理者 アートシティひらかた共同事業体

【後援】
枚方市、枚方市教育委員会、交野市、交野市教育委員会、北大阪商工会議所、枚方・交野倫理法人会、(株)大東楽器

LINE_ALBUM_チラシ_220126.jpg
LINE_ALBUM_チラシ_220126_0.jpg

3月定例月議会開会 ~市政運営方針&令和4年度予算案上程~

枚方市議会では、2月25日から3月定例月議会がはじまりました(期間は3月29日までの33日間)。

初日での本会議では、伏見隆市長から令和4年度の市政運営方針の説明があり、その後、令和4年度の各会計予算案が上程され、予算案については予算特別委員会に付託され審査することになりました。

その他、一般会計及び病院事業会計の補正予算案が上程され、全会一致で可決されました(下記画像参照)。

無題.jpg
■令和4年度市政運営方針⇒ こちらをクリック

市政運営方針についての各会派からの代表質問は、3月4日と7日に行われます。

私たちの会派からは、木村亮太議員が代表して4日に質問に立ちます。

現在、会派内で質問項目について協議をしながら、行政の担当課ともヒアリングを重ね質問の作成に取り掛かっています。

来年度の重要施策や新規施策について議論を深める機会ですので、会派を挙げて取り組んでいきたいと思います。

また、3月15日からは予算特別委員会の審査がはじまります。

私たちの会派からは、妹尾正信議員、泉大介議員、門川紘幸議員と私の4名が委員として選出されました。

予算特別委員会の質疑の日程は、3月15日、17日が一般会計の総務、教育・子育て所管分野、22日、23日が一般会計の市民福祉、建設環境分野、25日が特別・企業会計の審査となります。

今回、私は委員長を務めさせていただくことになり、委員会の議事進行や運営が主な役割となりますので、質疑の機会はありませんが、予算審査が円滑に進むよう役割をしっかりと果たしていきたいと思います。

無題1.jpg
無題2.jpg
無題3.jpg
初日の本会議終了後には、「枚方市駅前再整備の取り組み状況について」全員協議会が開催され、③街区のまちづくりについて市街地再開発事業の進捗状況や枚方市駅前行政サービスの再編に係る取り組み状況と今後の予定、④⑤街区のまちづくりの取り組み状況と今後の予定などについて市から報告がありました。

今回の全員協議会は、説明のみで質問の機会はなく、代表質問や予算特別委員会で議論をしていくことになります。

無題4.jpg
無題5.jpg
無題6.jpg
無題7.jpg
無題8.jpg
無題9.jpg
これからの1か月間、密度の濃い日が続きますが、気を抜くことなく、議会活動に全力で取り組んでいきます。

25日から3月定例月議会

2月18日、議会運営委員会が開催され、3月定例月議会の審議日程などが決まり、令和4年度当初予算案をはじめ今議会で上程される予定の議案が示されました。

DSC_0395_edited.jpg
議会初日となる2月25日の本会議では、市長の市政運営方針の説明があり、その後、3月4日、7日の2日間にわたって市政運営方針に対する各派代表質問が行われる予定です。

8日には議案審議が行われる予定で、主な案件は新型コロナウイルス感染症対策経費を含む令和3年度補正予算案をはじめ、小中学校体育館空調設備整備DBO事業者選定審査会を設置するための附属機関条例の一部改正、機構改革に伴う事務分掌条例の一部改正についてなどです(下図参照)。

今回の補正予算に含まれる新型コロナウイルス対策の主な内容については、障害福祉サービス事業所等におけるICT導入補助をはじめ、コロナの影響による生涯学習市民センターなど公共施設における指定管理料の増額など、約2億5009万円(うち市負担額約1億3157万円)が計上されています。

来年度の当初予算案については、各会派2人につき1人の割合で委員を選出する予算特別委員会を設置して、3月15日、17日、22日、23日、25日の5日間にわたって集中的に審査する予定です。

無題.jpg
無題1.jpg
無題2.jpg
無題3.jpg
無題4.jpg
また、初日の本会議閉会後は「枚方市駅周辺再整備における取り組み状況について」を案件として、全員協議会が開催されます。

さらに私が委員長を務める総務常任委員会では、2月24日に委員協議会を開催し、今年度に所管事務調査として取り組んできた「公民連携の推進について」、これまでの調査をもとに委員間で意見交換を行う予定です。

DSC_0396_edited.jpg
3月定例月議会はタイトなスケジュールとなっていますが、来年度当初予算案など重要な案件を審議することとなりますので、会派としてしっかりと準備を進め、代表質問や予算特別委員会に臨んでいきます。

総務委員協議会 ~防災対策の推進についてなど~

枚方市議会では、今週から3月定例月議会前の委員協議会が始まっています。

14日は、私が所属する総務委員協議会が開催され、下記の7案件について協議しました。

IMG_3730.JPG
案件名:
(1)令和4年度防災対策の推進について
来年度実施する主な防災対策として、地区防災計画や避難所の感染症対策等の地域防災計画への反映や、府管理河川の浸水想定区域拡大に伴う広域避難ルールの確立に取り組んでいくとのことです。

(2)街頭防犯カメラの更新及び増設について
通学路等を中心に1004台設置している街頭防犯カメラのうち、650台のリース期間が満了することから、既存の650台の更新を行うとともに30台を新規に増設することが示されました。

タイトルなし.jpg
(3)長期財政の見通しについて
令和3年度の決算見込みと令和4年度当初予算をもとに、税制改正などの制度変更や今後予定される事業について、その実現可能性を明らかにするとともに、長期的な視点による財政状況の把握を行うことを目的として、長期財政の見通しの見直しを行うとの説明がありました。

(4)令和4年度機構改革の実施について
危機管理施策を推進する体制の強化をはじめ、市政の重要・懸案課題等を推進する体制の強化、重層的支援を軸にした健康(保健)、福祉、高齢者施策を推進する体制の整備など、行政課題への対応強化やより効率的で機能的な業務体制の確立を図るため来年度から機構改革を実施するとの説明がありました。

(5)ロジックモデル等を活用した事務事業の見直し内容について
ロジックモデル等を活用した事務事業の見直しの今年度の内容について、廃止1事業、統合1事業、事業規模縮小4事業、予算額縮減18事業、歳入の確保2事業、公民連携の推進7事業、ICTの導入3事業、その他実施手法の変更4事業であったと報告がありました。

(6)健康経営の推進について
市として令和5年度の健康経営優良法人の認定取得を目指し、「健康経営宣言」の策定やメンタル不調者への対策強化など、職員の健康経営を推進していくとの説明がありました。

(7)令和3年改正個人情報保護法の概要について
個人情報の保護に関する法律の改正に伴って、条例や規則の改廃、制度運用の変更等に取り組んいくとの説明がありました。

タイトルなし1.jpg
私は委員長を務めており、委員会運営や議事の進行が主な役割となりますので、協議会の場で質疑や意見表明の機会はありませんが、気になる案件については、今後、本会議やその他の機会に改めて議論していきます。

明日には、各派代表者会議と議会運営委員会が開催され、令和4年度予算案をはじめとする3月定例月議会の議案が示される予定です。

その他の委員協議会の案件は、以下の通りです。

■教育子育て委員協議会
(1)子どもたちが健やかに成長できる環境づくりについて
(2)結婚等新生活支援事業について
(3)待機児童対策について
(4)子育て支援の充実について
(5)市立小学校の水泳授業における民間活力の活用について
(6)小中学校教室等空調設備の更新及び体育館空調設備の整備について
(7)令和4年度教育委員会機構改革の実施について
(8)禁野小学校の開校に向けた取り組みについて
(9)中学校給食のあり方について
(10)学校給食牛乳パックのリサイクルについて
(11)第4次枚方市子ども読書活動推進計画(案)について
(12)総合型放課後事業実施プランについて

■市民福祉委員協議会
(1)令和4年度国民健康保険料等について
(2)後期高齢者医療の保険料等について
(3)地方税制改正の概要について
(4)総合的ながん対策の推進について
(5)成果連動型民間委託契約方式(PFS)による介護予防事業の実施について
(6)健康経営の推進について
(7)定期予防接種の推進について
(8)重層的支援体制整備事業について
(9)市立ひらかた病院改革プラン(第2次中期経営計画)の実績報告について
(10)令和4年度の病院運営について
(11)医療従事者の処遇改善について

■建設環境委員協議会
(1)事業系ごみ処理手数料の見直しについて
(2)学校給食牛乳パックリサイクル事業について
(3)屋外広告物の安全点検及び特定区域の見直しについて
(4)小中学校教室等空調設備の更新及び体育館空調設備の整備について
(5)市街化調整区域内における開発行為の許可について
(6)新名神高速道路の進捗状況について
(7)枚方市無電柱化推進計画の策定について
(8)都市計画道路長尾杉線の進捗状況について
(9)王仁公園再整備と管理・運営の基本方針(素案)について
(10)枚方市駅高架下及び光善寺駅前機械式自転車駐車場、並びに光善寺東自転車駐車場の廃止について
(11)枚方市水道ビジョン2022及び枚方市下水道ビジョン2022の策定について
(12)令和4年度上下水道局機構改革の実施について
(13)公共下水道第69工区楠葉雨水貯留管整備工事等の進捗状況について

富田林市の公民連携の取り組みについて

私が委員長を務める総務常任委員会では、今年度「公民連携の推進について」をテーマに所管事務調査を実施していますが、昨日、委員会発議による勉強会形式の委員協議会を開催し、富田林市の取り組みについて説明を受けました。

IMG_2895.JPG
IMG_3719.JPG
所管事務調査とは、委員会で所管する分野の中で、自主的にテーマを設定し、調査・研究をしていくものです。

これまで、枚方市の公民連携の現状や課題を委員間で共有し理解や認識を深めることを目的に、2回にわたって委員協議会を開催し、公民連携を担当する企画政策室から市の取り組み状況や、具体的な事例、現時点での方向性などについて説明を受け、調査を進めてきました。

今回は、オンラインを活用して、富田林市の担当者の方と枚方市議会の委員会室とを中継で結び、同市の「公民連携デスク」についてや、産官学医による「自治体SDGs事業」などについて説明を受けるとともに、質疑応答を行いました。

タイトルなし2.jpg
無題.jpg
タイトルなし1.jpg
タイトルなし.jpg
今後、これまでの取り組みを踏まえて、委員間で意見交換を行っていく予定です。